2017年度123重賞中79鞍的中!! '16年重賞117の87 '15年重賞126の81 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

【競馬とはバランス】

競馬データとはデータバランスの扱い方

基本中の基本すぎて、当然の話ですが、怒らないで下さい^^;
(初心者用のコラムなので)当たり前だろボケ!! と言って下さる方はOKです♪

競馬データを使う上で、重要となるのが、データの扱い方。
 ◆過去dataなどを利用し、データ通り2頭来たが、、残り1頭はデータ非該当馬
 ◆外枠有利なので外枠BOX勝負も、、内枠から1頭
 ◆ガチだと思い1~4人気でBOX勝負も、、1頭ヒモ荒れ
などなど あるあるネタですねw
これは、ほぼ全競馬データにいえることです。
何故そのようになるのか、基本ロジックを再確認してみましょう♪

A(エース)を3枚ひく確率は?

◆トランプで「1、2、3」それぞれ4枚ずつの計12枚。
「1,1,1,1、2,2,2,2、3,3,3,3」
 この12枚から3枚引いたとき、A(エース)を3枚引く確率は?
Aを3枚ひく確率は?
頭のイイ小学生なら解ける問題です。
 [確率]=[求める場合の数]÷[すべての場合の数]

◆12枚ですので (12×11×10)/(3×2×1)=全220通り
◆A(エース)を3枚の出現数は (4×3×2)/(3×2×1)=全通り
■なので4÷220=1.8%

これを競馬に置き換えると
「1,1,1,1」=1~4番人気
「2,2,2,2」=5~8番人気
「3,3,3,3」=9~12番人気 となり

★12頭立てで、馬の力量が全く同じの場合
 ◆12頭立て三連複は、全220通り
 ◆1~4番人気の三連複BOXは、通り
 ■12頭立てで、1~4番人気の3頭決着率は、1.8%
ということになります。
 しかし、実際の[12頭立て]で[1~4番人気]の3頭決着率は約24%

◆24%÷1.8%=13.3倍
◆馬や騎手の力量によって、[1~4番人気]の3頭決着率は
 「1.8% のはずが 24%」=13.3倍(10倍以上)になっているわけです。

◆馬や騎手などの能力が、10倍以上も、確率を向上させているわけです。

しかし、ここで問題になるのが
◆10倍以上も精度UPしても、たかが24%、約4回に1回しか当たらない。
◆1~4人気の三連複BOXを購入しつづけると、必ずマイナス収支になる。
◆配当のリミッターが決まっている。 などデメリットが多いわけです。

三連馬券で1~4番人気とは

人気馬 複合率

[100%-97%=3%]
◆3%とは、36鞍中で1.08鞍。1鞍存在するか否か、という確率
◆競馬だと「A」は、馬券に組み込むべき部分となるわけですね。

面白いのは、
◆トランプならば
 [2と3]だけで3枚になる確率は、56通り÷210通り=【26.7%】
競馬に置換すると
 12頭立てで、5~8人気の3頭で決着する率は=【26.7%】ではなく【3%】
◆競馬だと、26.7%が3%になるわけですね。

さて、最後に

◆競馬だと「A」は、馬券に組み込むべき部分。
しかし、
◆競馬だと「A」での3枚揃う確率は、(通常確率の10倍以上も)所詮は24%で、回収率面でハイリスク

◆ならば「A」を組み込みつつも、「2,3」を含む馬券ならば、
◆「軸がA」で「相手本線が2,3」ならば、「A」の3カードを拒否しつつ、「2,3」の3カードも拒否した馬券となるわけですね。
 ◆逆に「軸を2,3」から選び「相手本線をA」にすることも可能です。

「麻雀牌」や「トランプで1~12」での説明も出来たのですがw

最後の最後に

◆あくまでも基本的なデータバランスの話です。
◆本来は様々なファクターがあるので、そのバランスにより「1,1,2」を目指すのか「1,2,3」を目指すのかなど変化してくるわけです。

◆人気で説明しましたが、データなどがファン(や関係者)に公開・明示されている昨今、(回収率の観点から) 全てのデータに言えること。この初心の価値観はとても重要です。
◆競馬で4回に1度しか当たらない「エースの3カード」馬券で、しかも配当が安すぎると、メンタル面で暴発し、予想や賭け金が、通常と異なる買い方をしてしまう場合もあります。

◆これはDKデータにも言えること。
 ◆DKデータで第1data「1~5」から2頭来るって言ってるのに、なんで「a,b,c」があるの?=3頭BOX馬券購入・・を推奨しない大きな理由ですね。
 ◆「第1data 1~5」※1レースに[1.93頭]絡むと言われた時に、第1dataに「全て人気馬のような場合」「穴印が複数頭」いる場合では扱い方が異なるわけです。

◆この話、ここに出現してきた数値は12頭立てでのもの。
16頭立て(560通り)や、18頭立て(816通り)になった場合、常に4通り「エースの3カード 馬券」の確率が、更に下がるのは言うまでもありません。
4÷220、4÷560、4÷816

「数学的に1.8%なのに、三連複5倍」などへのリスクを1%でも再認識頂ければ光栄です♪

◆ディープインパクトなど、トランプでいうなら「ジョーカー」として扱うと「ディープの皐月賞 1-12-3人気決着 三連複142倍」など簡単だと思いませんか?

上記を理解した上で、DKデータの扱い方を♪

⇒⇒ 【DKデータの簡単な使い方・説明】
⇒⇒ 法】

競馬に100%などありません



 それでも競馬をするからには、この安定感は重要です。


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional