2018年度128重賞中80鞍的中!! '17年重賞128の82 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

*波乱度大! データ全分析 機械的購入で回収率133%!!*

*波乱度大! データ全分析 機械的購入で回収率133%!!*

「当社は必ず的中します!!」というような競馬サイトではなく、馬券対象率の高い馬を5頭以内でデータ表記します。『◎』『▲』『★』『*』『△』などの印でレースへの【勝負度合い・ニュアンス】を表記しています。(印の意味はコチラ)

今回は1日に5鞍ほど存在する当社オススメの『*』マークについて説明いたします。

=抽出頭数が6頭or7頭も、抽出率2.5頭&波乱度大!!馬券購入オススメ印♪

 

『例 2011/9/4』 【* 札幌9R】 5,8,12,7,13,10  
 【結果 [5→7→10] 三連単256.6倍 三連複32倍
 (データ6頭ですね。 データ1位は5番 , 6位は10番です)
 

【100万円馬券の的中術】 超重要!! 『*マーク』の使い方【基礎編】

【1】データのビリ馬(6位or7位)は、30%の確率で馬券対象になる。 『例:10番』
【2】データの1位,3位,4位のどれかは必ずくる。 『例 : 5番,12番,7番』
【3】1頭軸ヒモ3頭のワイド馬券で購入♪ 『例 : 10軸で5,12,7へワイド馬券購入』
【4】以上を購入してワイド的中です♪ 『例 : ワイド5-10(10倍) 7-10(5.6倍) 合計15.6倍ゲット♪』

【結論】データビリ馬(6位or7位)を軸に、データ1・3・4位の馬への馬券購入で33%の的中
 これで簡単に三連単ミリオンも的中できます♪


【買い目と回収率(収支)の兼ね合い】
 ・三連単60点 (ビリ馬軸で5頭BOXマルチ) 『例 :三連単256.6倍=回収率428%』
 ・三連複10点 (ビリ馬軸で5頭ヒモ) 『例 : 三連複32倍=回収率320%』
 ・ワイド3点  (ビリ馬軸でデータ1・3・4位) 『例 : 合計15.6倍=回収率520%』
 
 
あれ?? ワイドの回収率が1番高いですね!!!
 
 

ギャンブルとして的中をしたいですが当てるのはムズかしい。
財布の中身と相談しながら馬券購入するのが、ほとんどの方だと思います。
でも、的中してプラスになりたいですよね。
ローリスクハイリターンが、1番イイと思いませんか☆彡
 

『*』レース 最近の高額配当決着レース 100万円以上が2件♪

ここはお金持ちの1日10万円以上、競馬をなさる方にはお得な情報です。
当社のデータ初心者の方は、説明をよく聞いてから購入下さい。

『*』高額配当
 ■8月6日 小倉10R 110万2130円(2頭絡み:4位 & データビリ馬)
 ■7月31日 小倉10R 128万0540円(2頭絡み:4位 & データビリ馬)
 ■7月30日 小倉8R 20万8440円×2(3頭絡み:3位&4位&データビリ馬)
「2頭来る」=三連単マルチを購入すれば、ミリオンなど簡単に的中できます。 要は投資金額の問題です。あとマル秘のテクニックが必要です。 1日1万円前後で競馬を楽しむ方には、既に記載したワイド馬券の方が回収率からもお得なのですが、三連単購入でも(表を見ればすぐにわかりますが、多少のテクニックを利用すれば) ワイド馬券以上の十分収支プラスです♪
10万馬券レベルの『*マーク』のデータ結果なら超多数あります♪
 
 

『*』レースの馬券対象頭数

さて【7月30日~9月4日】までの【競馬開催12日間】
『*レース』【合計80鞍】を検証してみよう。

『*』合計80鞍 = 『6頭*』が71鞍 + 『7頭*』が9鞍
『6頭』×71鞍 + 『7頭』+9鞍 =【合計489頭】

『*』【馬券対象頭数】
3頭2頭1頭0頭
29鞍39鞍11鞍1鞍
85%15%

■最低2頭は来るものが85%→2頭以上来る前提として馬券組立を
 
 

さて的中率と回収率別に、分別したいのだが論文のようになってしまうので簡単記載をしておく。

【データ最下位馬との馬券成立 28回で回収率133%】

『♪』マーク=データ最下位馬が馬券対象の時
『ABCDE』=データ順位を示します(1位~5位)
『*』80鞍中♪馬28頭
 

データ最下位馬は28頭 馬券対象となった。
 ・ワイド的中点数は【33点】=合計オッズは【315.9倍】
 
→『*』が80鞍だから「1レース3点ワイド購入」=240点(データビリ馬からデータ1・3・4位へ)
→→【回収率(収支) 133%】 1ヶ月,月次=33%プラスになる投資ということ。
 
 
 

【1】この3点ワイド馬券さえあれば問題ないこと、良く覚えておいて欲しい。

【2】30%以上の利益を求めるならモンゴル開発投資くらいだろうか(笑) 遅延損害金などで29.2%という数字があるが、あれは「年利=1年」での話。 この33%を月次で複利でまわすと 【1年間で元金24000円 が 97万6800円になる】

 これは当然、机上の空論で『*』レース数は、日によって変化するのでこのようなロジックにはならない。しかし既におおらかに利用して問題ない範囲での的中率・回収率を誇っているのは御存知だろう。

【3】ワイド回収率133%という数字

他にも、ある状況での馬券購入での回収率など既に計算済だが

 【状況1=データ最下位馬軸でのBOX馬券】
    [的中率13%] 【三連複回収率 95% 三連複回収率 82%】

 【状況2=データ1~4位と5~最下位での分割馬券】
    [的中率26%] 【三連単回収率118% 三連複回収率104%】
 
 
ワイド馬券の133%が、どれだけ強いのかはお分かりいただけるでしょう。

機械的な購入で、ここまで収支が出せるものは他に存在しないでしょう。
 

三連馬券とワイド どちらが儲かるの??

ここで疑問に思う方も、大勢いるだろう。
■ワイド馬券を【回収率133%】的中が出来るのに、なぜ三連複・三連単を推奨しないのか!?

■【理由は配当の低さ・安さ】とは言っても高いがw
 下記は「『*』3頭的中時の配当表」
『*』3頭的中の配当の安さ
この表でチェックして欲しいのは三連単・三連複の配当の安さ

【3頭的中 29鞍 払戻金の合計】
三連単三連複
857,770円132,080円

■上記を【金額÷レース数80鞍】=【1レースあたりの平均配当】

三連単三連複
10,722円1651円

 三連単107点購入してもプラス 三連複16点購入してもプラス

■6頭の馬券を「軸1頭ヒモ5頭BOX」購入なら
 三連単1軸マルチ=60点 三連複1軸ヒモ5頭=10点
さて回収率は
 ・10722円÷60点=【回収率178.7%】
 ・1651円÷10点=【回収率165.1%】

【重要】178%と165%の回収率は、理論値で、実際にこの数値にはなりません。

現実はそんなに簡単ではありません。上記は
 【情報量の少ない前半レースすら全部】
 【軸1頭購入して】
 【全部的中しての】
 回収率です。ようするに【不可能・無理がある】のです。

 *だからこそ三連単や三連複ではなく、あの馬券が初心者でも買いやすい・機械的購入ができるんですね*

例えば『G1レースなど 軸1頭購入が出来るレースもありますよね♪』 その際に『残り5頭を馬券購入すると、馬券回収率は165%や178%に近づくということです。』
 

だからこそワイド馬券の回収率の価値の勝ち

■三連馬券でハズレでも、ワイド馬券なら的中できること♪
■ワイド馬券は購入点数が少ない♪
■ワイド馬券は最高で3点的中が可能♪

■6頭BOXのワイドは15点
 その中で【回収率】の高い部分のみ購入を行えばプラスになるのは当然です。
 だからこそワイド3点購入をオススメしているわけですね。

 毎回的中する=この時点で競馬ではありません。
 しかし不思議なことに馬券収支がプラスになるのです。
 

 三連単ミリオンを的中したことが無い方は、競馬がヘタというよりも
 購入金額に限度があるので「1レースに3万円も馬券購入をしないですよね」

【三連単ミリオン的中するには】
 ■「三連単購入」をして
 ■「ミリオンオッズの買い目」を購入して
更に競馬結果が
 ■「1日に1回しか存在しないミリオンの配当」にならなくては不可能です。
 

枠連時代の競馬の大勝のように 
ワイド3点で30倍~60倍を的中する方が
 【単勝・複勝の次に簡単な馬券】【複数買い目が的中することができる】
実は簡単ですからね☆彡
 
 
 
『*』レース=【波乱度大】=【配当が高い】
 2頭以上来るのが【85%】
 その中から馬券として【的中率】&【回収率】の高い組み合わせ3点購入をすれば
 残念ながらプラスになってしまいます♪
 
 
会員申込はお早めに→購入画面

powered by HAIK 7.1.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional