2019年度16重賞中10鞍的中!! '18年重賞131の82 '17年重賞128の82 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

1月3週 全データ結果 2019

1月3週[1/19,20] 全データ結果 2019

■1月3週 全体回顧

【AJC杯&東海S回顧◆真逆の決着】…AJC杯ミスった方は耳が痛いかも。でも再認識を♪

超超超 重要♪】1月3週 好配当的中 内訳
 【「1/19,20」 計72鞍 全データ結果2019年】
【1】まず<1月3週 好配当的中 一覧>11鞍。土曜ミリオン的中もありますが基本はガチ週。レース番号が赤や青文字にしてみました↓↓
01月03週データ2019 分析01
【2】分類するために 「[紫C群]存在レース」と「[鉄板赤馬]存在レース」のレース番号を赤文字で塗り潰してみました↓↓
01月03週データ2019 分析02
【3】それ以外の「バラ」を除く残りのレース番号を青文字で塗り潰して、再度好配当一覧を表記すると、このような結果になります↓↓
01月03週データ2019 分析03
【これは何をやっているのでしょうか??】
「紫C群レース」と「鉄板赤馬 存在レース」と「バラ」
これ以外の通常レースの相手本線はD2】でOKなわけです♪

◆例外というか仕方がないのは「軸選馬NG」「無印馬3着内」だけは例外。というか諦めましょうとなります。
◆今週ならばこの状況のレースは42鞍。「軸選馬NGと無印馬3着内」12鞍を除くと合計30鞍。この30鞍中29鞍(96.7%)は【軸選馬→D2】で的中可能です。残り1鞍は土曜中山5Rが軸選馬2頭決着でD2が絡まず・・・[灰色 堅]=3強レースの[2-1-3人気]=3強そのまま決着ですw

◆[D2軸選馬]
こちらは[D2軸選馬]が絡んだレース(D2がオレンジのレース)
01月03週データ2019 分析04
◆相手本線は[D1]でOKなのがご理解頂けるかと。
◆[D2軸選馬]が絡んだレース23鞍該当しますが【23の20】で[D1]2頭決着。非該当3鞍の内訳=「バラ・灰色 堅」・「無印絡み」・「新馬」と例外項目に該当します。

結論、【バラ・灰色 堅・鉄板赤馬存在・紫C群】これ以外の場合は、相手はD2がベターすぎますね。軸がD2の場合はD1を相手で作るべきのようで。※当たり前ですがD1はほぼ必ず絡むわけで、非軸選馬だろうが[D2]に興味がある場合は相手は[D1]となればOKです。
◆ガチガチだったからじゃないの・・という方は、この2鞍で再認識を♪
01月03週データ2019 分析05
◆AJC杯、フィエールマン・ジェネラーレウーノは共に[D2]なわけで、どうしてもジェネラーレウーノ軸というならフィエールマンを(D1として)相手はOKも[D2]軸選馬フィエールマンを軸なら相手は[D1]=穴狙いをすべきだったわけですね。
【余談1】あくまで傾向・概要の話+最終決定は自恃、なので強制ではありません。◆例えばミリオン的中の土曜中山12R4着⑩番はマーフィーでクビ差。入れ替わっていたならと思うとゾッとしますね。ですがそれだと非97%決着だったとも言えます。まぁピンク軸なので、まずはワイド流し(150倍+41倍的中)が必須、なわけで嫌でもプラス収支になるとは思いますが。(ピンク軸は波乱なわけで、ズレる率がUP。。ズレてミスったとき4にたくなるのでまずは流しをw)◆90%以上の信頼度ならば、素直に信じて買い目を削るのも馬券スキルかと♪
【余談2】「紫C群・灰色 堅・バラ」という3種は特殊レースなので、例えば「紫C群レース」なら[D2]と[。印]の優位性がほぼ同率となり[D1]頭数や赤馬の存在などにより状況が異なってくるので、断定的な相手本線を置けないわけです。だから好配当になるレースなわけで。「灰色 堅」も3強レースなのに3強決着低確率と配当が超極端な難解レース。軸選定できる玄人好みのレース。バラなど4強混戦なわけでww
 しかし、これが分類・区分けできるようになったので買い方がラクになったかもしれません♪

0120データ結果2019 0119データ結果2019
◆日曜ガチガチなのは「。印」が何頭来ているか、で判別可能w 単勝1倍台が14頭というアホ日。でもAJC杯は万券♪

【「1/19,20」 計72鞍 全データ結果2019年】
◆AJC杯 軸選馬ワンツー 三連複115倍,三連単1235倍♪
◆土曜中山12R ピンク軸1から[9-11-4人気]三連複1592倍,三連単101万馬券 データ的中♪

新表記に abcdef表記は廃止で♪

◆やはり【第1データ】は「1~5」だけの方が、分かりやすいですね^^ノ
 ◆D2表記はあります。
◆無印馬は馬名が灰色表記「深い灰色=元f群」「薄い灰色=元d,e群」です。
 例:サトノダイヤモンド=元d,e群
 例:フクナガユウイチ=元f群
 ※馬名灰色馬を最初にチェックすると、ヒモ抜けを防げるかも♪(無印馬の馬番は白色)
 ※「馬番は白色」なのに「馬名が非 灰色」は「元c群」=「。印」がついてます。
◆紫C群・青C群のみ、第1データ部分に表記(現状維持)
◆ピンク軸は、そのまま表記しています。(現状維持)
◆「穴印」で最終印「灰色△」などは、減点項目アリで複勝率が低いが、複勝回収率が高かったりします(穴印がついているなら) 逆に「非穴印 灰色△」の取捨は上手に悩んでください。「D2印」と組み合わせて上手にお使い下さい♪

◆「馬名灰色表記」だと「見づらい」というもっともなご意見もあるのですが、「無印馬のチェック照合」という観点で、やはり灰色表記の方が、(隣に馬番があるので)良いと再認識したので、素直にスタイルに戻しましたm(__)m
 「元に戻すこと」=日本政府が苦手なこと。勇気ある改善とご理解下さい^^♪

 【「1/19,20」 計72鞍 全データ結果2019年】

先週1月3週 全データ結果

0120データ結果2019 0119データ結果2019
 
D1とは[第1データ]36鞍で[108頭中 約72頭=66.7%]=『ほぼ2頭/鞍』来ている事、再認識を♪
[b,c]側とのバランスを把握し、上手に馬券購入を♪

【占有率】とは 24鞍なら3着内72頭なので「該当頭数÷72=占有率」
33.3%以上なら「1レースに1頭はくる」というおよそのイメージは重要です
「軸選馬、△馬、第一、第二data」の目安として脳裏に焼き付けてデータ利用してほしいです♪
そ・し・て
【[。印]=[超押さえ印]】という1レースに2頭来る率が低い。
しかし
[。印]が、1日に何頭絡んでいるのかの把握して活用可能になりましょう。
第1data[1~5,a,b]の穴馬は[。印]になりやすいわけで
[。印]が多数絡んで3着内率が高い日は好配当的中が多い日なわけです♪

■土日別 データ全体結果

1月20日(日)全体結果 【鉄板赤馬12の8】

軸馬選定馬36の30鞍 馬券対象83.3%

軸馬選定馬OKで、第1data2頭以上決着26鞍

[。]印含む、軸馬選定馬OKで3頭決着26鞍


1月19日(土)全体結果 【鉄板赤馬6の6】

軸馬選定馬36の31鞍 馬券対象86.1%

軸馬選定馬OKで、第1data2頭以上決着25鞍

[。]印含む、軸馬選定馬OKで3頭決着28鞍

日付3着内率
下段は[。]印含
4着内5着内実3頭決着数
1月20日(日) 91.7% 
[95.4%]
86.1%83.3%36の28鞍
[36の31]
1月19日(土) 83.3% 
[94.4%]
82.6%77.8%36の22鞍
[36の31]

■■土日 全データ結果 エクセルダウンロード■■

【「1/19,20」 計72鞍 全データ結果2019年】
 
 ~~~先週以前は【過去data エクセル部屋】へ~~~
「先週以前のデータ」=データ傾向は変わらないので、参考になりますよ♪

[三連ヒモ以下馬]

[。印]更新当初 ’12年10月2週~11月2週迄の数値です。直近結果は、データ結果をご覧ください
◆[三連ヒモ以下馬]以外の無印馬が来たのは9%
432鞍-無印馬40鞍=【392鞍 91%】は、このデータ内で楽しんで予想OK♪
 【11/9,10、順に2,5頭】=合計7鞍7頭
 【11/2,3、順に6,2頭】=合計8鞍8頭
 【10/26,27、順に3,2頭】=合計5鞍5頭
 【10/19,20、順に3,5頭】=合計8鞍8頭
 【10/12~14、順に2,3,3頭】=合計8鞍8頭
 【10/5,6、順に0,4頭】=合計4鞍4頭

馬番:薄黄色[。印馬]=無印馬で押さえる場合の一応の目安の馬。「ヒモ以上の必要は無い=手広くいく場合にご利用を」=ですが好配当が的中可能なわけです♪
今迄のような[無印6~12頭]から自分で「ヒモ馬に加える作業」よ・り・も今後は、この[三連ヒモ馬印]をで「ヒモ馬を減らす作業」となり、少額購入のまま、予想がとても簡単になりました♪ ※1日36鞍もあれば、どうしても「もっと波乱な買い目を購入したいなど」のご意見に対応した印。印が多いと思う方は無視でOK [●◎○▲△]5種通常印で【的中率52.1%】を誇ります!! (3頭決着かつ軸馬選定馬OK 5686鞍中2961鞍「52.1%」)

2013-11-05 9-49-36 21万馬券
1102京都10R2013 21万馬券予想
軸1頭[9番] 相手本線3頭[5,6,7番]
残り7頭は、ほぼ横一線だから、このような表記・買い目になるわけです。
結果は、9番人気 6番△印(レース番号オレンジ推奨馬)が絡み
10番人気 1番「。印」が絡んで、三連複21万馬券的中♪
しかも鉄板すぎて42万円の払い戻し♪♪♪
データですから「絶対的中とはいいません」が「。印」も馬券に組み込めば
三連複21万馬券、三連単98万馬券すら的中可能なデータに進化したということです。
 
「。印馬」は「サポート馬」ですので
【基本はヒモでOK】=「。印」ワイドBOX的中率【2.3%】
「。印」が2頭以上馬券対象は「約100鞍で約2鞍」ということ。ですからね^^ノ

◆あくまでも三連サポート馬。単体では(頭数が2.6頭と多いので)複勝回収率は低い。複勝回収率なんと約65%[三連ヒモ以下馬]という言い方がまさに正しい。◆短絡的な複勝回収率で、この馬達を軽んじると、三連馬券で万馬券を自ら断っているのと同じこと!! 三連回収率と複勝回収率を同じだと思っているような人間は、時代遅れ!!(個体と集団で回収率は、全く異なる)

◆他根拠は、最終dataから2頭以上決着[約96%] ここに三連ヒモ馬で♪
 [11月2週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[2鞍]
 [11月1週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[1鞍]
 [10月4週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[5鞍]
 [10月3週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[7鞍]
 [10月2週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[3鞍]
 [10月1週72鞍中 最終data1頭以下決着]は[0鞍]

◆絶対に◆好配当をつくる[三連ヒモ以下馬]だが、絶対にヒモ扱い(or無印)で!! (何の根拠も無しに[三連ヒモ以下馬]を)相手本線・軸馬にする時点で2頭以上決着[約95%]を無視したドアホとなってしまうこと要注意です!!


{ コチラは予想時点でのデータ }
実戦形式で閲覧してみると、本番で扱いやすくなりますよ。

【1月20日 データ予想証拠→→1/20(日) 全レース予想 ダウンロード
【1月19日 データ予想証拠→→1/19(土) 全レース予想 ダウンロード

直近28ヶ月 8000鞍以上 データ傾向

全データ結果は全て存在します⇒[データExcelダウンロード]

1344レース中 【2014/3/1~2014/7/13】

全体結果
 鉄板赤馬 305頭中222頭 馬券対象「72.8%」
     ●393頭中253頭 馬券対象「64.4%」

軸馬選定馬 1074鞍OK 馬券対象「79.9%」
3頭決着     881鞍「65.6%」
3頭決着[。]印含 1138鞍「84.7%」

3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 757鞍「56.3%」
3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK[。]印含 932鞍「69.3%」

525レース中 【2014/1/5~2014/2/24】

全体結果
 鉄板赤馬 119頭中93頭 馬券対象「78.2%」
     ●133頭中93頭 馬券対象「69.9%」

軸馬選定馬 413鞍OK 馬券対象「78.7%」
3頭決着 327鞍「62.3%」
3頭決着[。]印含「86.9%」

3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 282鞍「53.7%」
3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK[。]印含 368鞍「70.1%」

2月、降雪の影響により障害レース、3鞍中止

1342レース中 【2012/8/10~2013/12/23】

全体結果 鉄板●356頭中230頭 馬券対象「64.6%」
軸馬選定馬 1030鞍OK 馬券対象「76.8%」
3頭決着 848鞍「63.2%」
3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 711鞍「53.0%」

4822レース中 【2012/3/24~2013/8/4】

全体結果 鉄板●1454頭中960頭 馬券対象「66.0%」
軸馬選定馬 3866鞍OK 馬券対象「80.2%」
3頭決着 2849鞍「59.1%」
3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 2482鞍「51.5%」

計6164レース中 【2012/3/24~2013/12/23】

全体結果 鉄板●1810頭中1190頭 馬券対象「65.7%」

軸馬選定馬 4896鞍OK 馬券対象「79.4%」

3頭決着 3697鞍「60.0%」

3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 3193鞍「51.8%」

 ※1番人気の3着内率は【65.0%】 鉄板●馬は人気に左右されずに【65.7%】です。
 ※「軸馬選定馬」を、馬券に組み込まないと79.4%ハズレですからね!!
 79.4%と、80%を下回ったことは、正直ショックですが
 トータル的中率は、若干ですがUPしているようで、嬉しいです♪

競馬に100%などありません



 それでも競馬をするからには、この安定感は重要です。


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional