2017年度99重賞中64鞍的中!! '16年重賞117の87 '15年重賞126の81 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

3月1週 全データ結果 2013

3月1週[3/2,3] 全データ結果 レース回顧

読まずに勝手に、4月のG1をハズレても知りませんょ(^^)!!

弥生賞ハズレた方 何かに気付いて下さい♪

2012/10/21 データ結果 法の具体的説明 ← [abc法はコチラ♪]
 72鞍 「a」の来ないレースは「1鞍のみ」
 72鞍 「abc」バランス

競馬で勝てない方々へ アナタは『1・2・3番人気を堅い』と言われて、そのまま購入していませんか?  ご自分も悪いのでは!? それで儲かるんですか!? 馬券術が未熟なのでは!? 負けないように競馬をすればトントンor勝利です。 毎日など勝てません。しかし毎日負けないようにすればトータル勝利に近づきます。 馬券術の基本をDKルーエホリカで学んで下さい。 ここは競馬予想提供サイトではなく、競馬データサイト。 新聞の印と同じ感覚で、馬の力量比較に役立てば光栄です。

■あなたは弥生賞でコディーノ・エピファネイア・キズナを全購入したんですか!?
■宝塚記念オルフェーヴル・ゴールゴシップ・ジェンティルドンナの三連馬券を100円でも購入するのですか!? 「1,2,3番人気 どれかの消去」という馬券戦略は簡単なようで「超」重要です。 上位人気馬券など覚せい剤と同じです!! レース前の一時的な安心感・快楽を得ます。 8.4%=1日に3鞍ほど的中するでしょう。 だが、最終的にカラダ(財布の中身)はボロボロになっていきます。それが「1,2,3番人気の無駄な三連馬券」です。

馬券購入に、オッズの概念を組み込んで下さい!! 『どれが強いか!? だけで選ぶと「1・2・3番人気が強いのではw」 競馬がギャンブルとして成立している理由は(オリンピックの100m走などと違って) 人気通りに来ないからですょ!!』

データの逆説的理解 「外枠不利とは!?」

例えばですが
【A】外枠不利 【B】1・2番人気が必ずくる
というようなデータの言い回しが、競馬では常々あります。

これは「逆説的にいうと」

【A】1~4枠までで2頭以上くる可能性が高いだけ
【B】3番人気以降の人気薄が1~2頭くる。

【A】朝日杯FS 7枠14番ロゴタイプ1着=外枠が1着に来るかは関係ない
【A】朝日杯FS 3枠5番コディーノ2着(=内枠)が鉄板だと思うなら
 「既に内枠から1頭選んだ」ので、残り2頭については
 「内枠=外枠」という状況で予想している自分に気付いて下さい!!

【B】弥生賞 2番人気コディーノ3着で、残り2頭は人気薄6・11番人気
【B】弥生賞でコディーノを軸にした場合、エピファやキズナ(2・3番人気)を相手本線ではなくヒモ購入しないと「最低な1,2,3番人気馬券」になってしまう恐れがあります。だからこそ相手本線までをワカは記載しています!!

だから
鉄板は【軸1】◎コディーノ(3着)
 ○エピファネイアとの片方(1・2番人気のどちらかは)馬券対象だろうが
それより相手本線はカミノタサハラ(1着)ダービーフィズサトノネプチューン
となるのがご理解いただけますか。 2着△ミヤジタイガは当然、馬券候補ですね。

abc法 分かりやすく再度更新

DKルーエホリカではを推奨しています。
簡単に言えば、軸選馬はくるのだから、相手本線を印のついた人気薄馬にすれば好配当的中になるでしょ!! という話です。
ですが、当日朝10時とレース直前ではオッズも変化しますね!!
ですが、例えば弥生賞。
 当日朝10時:相手本線に単勝119.5倍ミヤジタイガ 2着 [朝10時台は単勝100倍未満!!]
 レース直前:相手本線に単勝19.8倍カミノタサハラ 1着
どちらの時間でも◎コディーノから相手本線で的中できます!!

詳細はコチラ→→

【弥生賞 的中回顧】

■鉄板馬【軸1】◎コディーノ3着、相手本線推奨の○カミノタサハラ1着、2着は単勝119.5倍の△ミヤジタイガ  三連複343.1倍、三連単46万1810円
■コディーノ推奨も、調教をボロクソ書いて、それでも鉄板推奨。 京成杯フラムドクロワール1番人気10着も藤澤厩舎だが、この調教師はマイル未満かズブぃ馬しか作れない調教を毎度行う。「調教技術が発達しているのに」いまだに休み明けは馬券に絡んではいけない!!と勘違いしている残念なテキ。
 これで「頭」鉄板馬券を購入する方などいないだろう。普通に購入すれば的中可能。
馬体重も片方は輸送込みなのに、両馬ともに「+8kg」はファン侮辱。だが想定内♪
予想として間違った点は、エピファネイア騎乗のビュイックが今週で「自分が帰国だからといって[前に壁を作らず]勝ちにいったこと」 そして3番手追走で、直線はインに詰める技術まで使い、ラチに頼るが3頭に交わされて4着。ゴール板でビュイックが腰を挙げて負け(交わされたこと)を認識している。 オルフェと似たような競馬を必要とするタイプ。
今年のラジオNIKKEI賞出走組の7頭は、全馬が次走全敗。 弱いわけでは無いが勝ちきれない。ラジオNIKKEI賞自体がまさにそれを物語る。
外人は弥生賞で馬券に絡まないデータは今年も更新。(過去2回:’97年ペリエ2着,’02年デムーロ3着 で外人騎手は未勝利)
単勝1番人気はエピファネイアだが、エピファはキャロットファームという一口馬主なので、単勝が理不尽に売れすぎただけ。二連・三連馬券の1番人気は断然コディーノ。
こんなデータは出目ともいえるが過去25年間の弥生賞1・3人決着の場合=「1・2・3人決着」のみ=3回。 ここから分かることは、今回は1→3,2→3人気決着の可能性は低かったということ。無印の3番人気キズナ5着。だがこの5着は「上位人気の中で最下位であったこと。データ通りであった。」
過去50年、弥生賞とは1・2番人気どちらかが必ず絡むレース。それ以外は3・4・5人気決着が2回と、2012年のコスモオオゾラの論外大波乱のみ。 昨年2012年の例外事由→【新中京競馬場が、改修&開幕週で、G3中日新聞杯が日曜同時開催】 今年は同日に重賞は存在しない、いつもの弥生賞に戻ったので平穏を取り戻す=騎乗バランス=ようは騎手によって波乱は生まれる!!
1・2番人気のどちらかが絡むのが弥生賞。だが昨今は賞金5200万円と超安いので、実績馬が遊びモードで出走なのでヒモ荒れ傾向。(阪神カップ考慮で8000万が妥当)
■そして今年も人気馬からヒモ荒れ結果。(人気2→6→10) これで人気馬コディーノ3着なので好配当だっただけ。
1番強い競馬をしたのはコディーノ。だが情けない競馬すぎて、こんなレースからクラシックの見通しは全く立たない。 ■自分の競馬をしたので3番手追走も、追走順位は「3-3-5-7」と、レースが動いたときも横山典弘は動じず。そのくせ3着♪
■エピファは勝たなければいけない競馬を行って、直線一杯で論外4着。 ビュイックで4着というのは福永騎乗でもっと減点になるのと、本番で折り合いが不安になるが、福永の心理的負担は軽減される。 またビュイックが勝ちにいって4着なので、福永が着を捕りにいく競馬をすれば勝てないが「皐月で着」は十分に取れる。
■先週中山記念で「1・2番手馬が重賞でそのまま馬券になったこと」を過去に例が無い!!後続馬は何をしていたんだ!!と怒っていたが、今回は後続馬がキッチリ先行した有力馬2頭をマークして競馬をした結果。1番早く動いたのがまさにウチパク・カミノタサハラ。結果1着には驚いたが好騎乗。 「逃げ馬が戸崎」だから・・・である話は、会員の皆さんにはメールで送信しましたよね!!
■ホープフル組から2頭が馬券。戸崎とウチパクの関係からホープフル1着馬サトノネプチューンは、まさかの初めて逃げ。 蛯名は何のためにカミノタサハラをウチパクに譲ったのか、今でも疑問。馬の力量よりも人間関係を重視する、腐った関係がよく分かる。
それでも、弥生賞は2強レースであったことを、忘れて皐月賞に挑むのは禁止!!
■何度も言っているが、今年の牡馬は超低レベル。ついにチューリップ賞勝ち馬が皐月賞に登録か。まだ未定だが、本当なら苦笑するしかないw

弥生賞 馬券術

■再三、申し上げているが「1,2,3番人気の無駄な三連馬券」
そして上記、弥生賞データでも3番人気キズナは評価ダウンで、最終データでも無印だったので、予想内容にキズナという文言は一切出てこない。それでもキズナを購入している方は多くいたのは残念だった。
■ワカの推奨内容を信頼して
相手本線をダービーフィズサトノネプチューンカミノタサハラの3頭にしたならば
【コディーノ・エピファ→相手本線3頭→印全馬】という三連複
まずこれでハズレがあるのだろうか!? ハズレなら諦める姿勢を持って欲しかった。
これで27点しかかからない。(このうち17点は三連複万馬券)

■今回のオッズバランスは未勝利戦などでもよく存在する。
 2頭が突出し、10倍未満2~3頭。 しかし結果は、意外に好配当となる。 なぜなら2頭突出の場合、残り馬の単勝オッズは適当だから。 ([適当]という文言に語弊があると思う方は既に支持率の意味を理解なさっているだろう。気にしないで下さい。)
■そこに(実質)1番人気のコディーノに多少の不利が見込めるからこその、三連単推奨
 (コディーノ・キズナが90%以上勝てない1番大きな理由があるから)

■これは、あくまで結果論!!
しかし偶然の積み重ねを必然にするのがデータ!! 金銭面に問題があるならば三連複でも仕方がないが、大丈夫なら三連単を購入して欲しいレースだったということ。
弥生賞の三連単的中。何か難解だっただろうか。

弥生賞 お詫びと訂正

【3/3(日)の予想アドバイス】の弥生賞予想の際、「コディーノを鉄板●表記」してしまいました。正しくは「【軸1】◎コディーノ」でした。鉄板すぎたので書き間違えてしましました。訂正致します。

また「馬連・三連単購入を推奨」したことについてですが
調教最低も圧倒的実力のコディーノが2・3着になる率が高いと踏んで、その際、(三連複よりも三連単の方が圧倒的に)配当が高くなるからこそ、「馬連で1・2着をフォローして、三連単購入すれば好配当GET」できる旨を、記載したつもりだったのですが、真意が伝わりづらく誤解を与えてしまう文言、消極的にさせてしまうような文言だったこと。申し訳ございませんでした。お詫びの上、今後の記載に活かしてまいりますm(__)m
3月3日 全予想2013年

【オーシャンS 的中回顧】

鉄板【軸1】●サクラゴスペル、【軸2】ダッシャーゴーゴーというデータには、最初、自己データに恐怖感を感じた。 ■理由は、ダッシャーゴーゴーから入った方が安定感があるから。=同じ的中でも「精度」の問題。
■だが、サクラゴスペルが●馬で、こちらから心中するのが当然だとすれば、既に相手はダッシャーゴーゴーしかいないようなもの。
■ここに相手は、戸崎の話を理解していれば、簡単に取れるレースすぎた。
ちなみに相手推奨した13番人気アフォードの5着はなんら後方から来た馬の2頭のうちの片方。(もう片方が、3着ツルマルレオン) まったく村田の競馬は、直線が短い競馬場には向かない。というか馬が可哀想。
1番強い競馬をしたのは、当然サクラゴスペル。ダッシャーが来てから再度伸びたのには驚いた。(普通なら2着の競馬) 既にダッシャーよりも上の力量として見るのが正しい。=過去ダッシャーとの対戦成績を見て、ドリームバレンチンノやロードカナロアすらとも横山典弘の手腕込みで通用すると考えてもOK!! パドトロワやマジンプロスパーとの力量比較を既にしておくように!!
■鉄板印に無駄な心配をしてみたが、結果論としては、簡単すぎて、案ずるより産むがやすし。楽勝すぎてツマらなかったのが本音。
三連複31倍,三連単130倍。配当が安かったからといって、記憶に残しておかないと高松宮杯で後悔しますよ!!

【チューリップ賞 回顧】

【クロフネサプライズ】は、やはり本物。桜花賞路線はもう鉄板。と思ったら、皐月賞登録?? ギャグだと思うが現時点、皐月賞100%馬券対象とまで言えるほど。
■皐月賞を5着だった牝馬でダンスダンスダンスをすぐに思い出せる人間として、ダンスの3000倍ほど強いこの馬なら、当然馬券対象だろう。
だが最初800mまではカカっていた点など武豊が原因。逃げたことも含め(次走人気になることを考えると)武豊が敗因とすらもいえる楽勝の1着。
武豊はクロサプに新馬騎乗も4着
 ◆重要◆新馬4着→武豊が勝手に競馬をやめて残り50m、そこから再度、自分から馬が伸びてユタカが落馬しそうになるほど素晴らしい脚=4着原因は当然なほどヤネ。
 小倉2歳S9着→熊沢騎乗でインで包まれ自爆的に不利を受けて、熊沢が勝手に競馬をやめてしまう。
■この馬の本領発揮を見せたのは阪神JF2着の柴山。全レースを見てすぐに分かるのは併走すると、自分から先着しようとする素晴らしい馬。 (フェブラリーSのナムラタイタンも東海S2着にきた柴山なら、馬券に絡んだのではと思うほど、柴山は良い馬を奪われる騎手でもある)
今回は、馬体を1度も併せることなく、再度加速。上がり2番手34.7秒。 この馬の本領は発揮していないで1着。 阪神外回りは1度、内回りとの合流点で右側が空くので、3歳牝馬が「単独で逃げる」のは実は精神的に厳しい。 外に併せる馬がいると大丈夫だが、この馬は単独で更に加速。
■この馬は女版オグリキャップだと思っていればOK=2500mまでなら大丈夫♪
誉め過ぎのように感じるだろうが、チューリップ賞で「人気馬の逃げ切り勝利など、不可能」ダイワスカーレットですら2着であったこと。念頭に。
おっと馬体重は、阪神JFが「+18kg」で、今回が「-6kg」 「約+12kg」余力残しでこの結果ですので、あしからず。(成長分が「+12kg」なら、それも全然OKですね♪)

データ軸選馬2頭は自爆競馬。片方【軸1】レッドオーヴァルは「-10kgで428kg」パドック解説者が大丈夫です!!などとバカなことを言っていたが「-10kg」で、明らかに細くなっていた。やはり428kgなど実力発揮できずに7着も、実質4着と同じタイム。そして上がり最速。
オーヴァルは直線一気のタイプなので、次走に負担はかからないだろう。で、実質4着。復調して、再度、末脚勝負なら次走以降、逆に狙い目。
■軸2だったローブティサージュの情けなかったのはやはり秋山。 昨年G1をカレンブラックヒルとこの馬で2勝するが「人気馬では先行しないと結果を出せない男」=G1を2勝のみの騎手。 直線向いたとき、上記のレッドオーヴァルにインに押し込められる。(馬体を併せて伸びれば良いのに。坂で一発もムチを入れられない。→阪神JFの時もそうだが坂で、ほぼ追えない騎手なのはインプットしておいた方がイイ。)
 →追えない騎手は本来、コースロスを防ぐために先行・イン差しをするもの。8枠だったからといえ、何の策もなく外差しに転じた秋山のミス。 阪神JFは1枠だったからイン差しで1着というなら、何か策を持ってから挑むのは当然のこと。いつまでたっても差し馬でG1制覇ができないクズ騎手であること。覚えておきましょうね。(フェブラリーで)カレンブラックヒルの惨敗も当然といえますが、それでも15着とは「自分から乗り替わりの選択肢を、馬主に与えているようなもの」こんな騎手に騎乗依頼したくないですね。
相手本線推奨のヴィルジニアは4着。3~7着までが横一線競馬での4着。まだまだ伸びしろはあるが、安定感が無い。この状況で次走が500万出走なら「力量だけは鉄板だが、オッズで単勝1.1倍か!?w 儲からないくせに、差し切れなさそうな面倒な馬になるのだろう。だが●馬になる可能性もある。その場合の馬券対応はコディーノのような賭け方が儲かりますよね♪ 1800m以上が良いという前に、まず併走調教を積んでレースを理解させて欲しい→今回:併走調教もムチを使わず、強め・遅れ」
■結局、軸選馬2頭での外差しの叩き合いはC.デムーロが制したが7,9着。で前残り決着。
そこに
■権利取り3着以内を目指した阪神JF4番人気7着で、今回5番人気3着アユサン。
■エルフィンS2着のウインプリメーラが2番手追走で2着。
さて阪神競馬場改修後、阪神JF1着馬が馬券に絡まなかったのは今回が初めて。
だが、阪神JF組から2頭は馬券に絡んだ。阪神JFが三連単300万馬券であったことも踏まえると納得もいく。
今回は1600mだが1・2番手追走馬が1・2着。原因は!? と聞かれれば「後続馬が何もしなかったから」 軸選馬の2頭の仕掛けが遅すぎたのが原因。これは今週来たばかりのC.デムーロに求めるのは酷。 阪神JF1着馬に騎乗の秋山が自分で差し競馬が苦手なくせに早めに仕掛けなかったことが敗因。
■外人は基本、途中マクリはしません(ルメール以外w) 理由は、外国の競馬場は直線が長いので途中マクリという戦術が無いからです。

G1で儲かる話かも

最後に、武豊が「○○という戦法」を行うのは、「新馬or未勝利」で「実力を確認する場合 or 絶対的に勝てる場合」が50%以上を占める。今回のチューリップ賞も、まさにそれに該当したとも言える。 ちなみに「ユタカの逃げ」は全体として60%以上の馬券対象率(=1番人気と同じレベル)を誇る。
昨今、重賞でユタカが人気馬の逃げを行ったことは過去3回のみ。エスポワールシチーをG1で10着、あとは4・5着。 そして4度目の今回、1着になってしまった。桜花賞だと単勝0.9倍でも良いのだが、皐月になってくれれば、多少は好配当になるかも。

 今年の牡馬は「前を捕まえられません・低レベル」って、ワカが何度も言ってますよね♪
 安定感の低い差し馬達が牽制しあってくれると
 逃げ馬の馬券率もUPして、波乱度が高く好配当になることなど、いうまでもない。

ワカは桜でも、皐月でも、どちらでも構いませんm(__)m♪

先週 3月1週 72レース全データ結果

0303 データ結果2013 0302 データ結果2013

日付3着内率4着内5着内実3頭決着数
3月3日(日) 83.3% 80.6%80.0%36の19鞍
3月2日(土) 88.0% 81.3%79.4%36の23鞍

【レース毎 ◆ データ結果】

3/3日 軸選馬 36の29鞍 馬券対象【80.6%】
3/2土 軸選馬 36の29鞍 馬券対象【80.6%】

3/3日 3頭決着 36の19鞍】 軸選OK3頭決着【16鞍】
3/2土 3頭決着 36の23鞍】 軸選OK3頭決着【18鞍】



■■土日 全データ結果 エクセルダウンロード■■

 上記詳細結果、サラっと目を通してデータ利用に慣れてくださいね♪
【「3/2,3」 計72鞍 全データ結果2013年】(通常Excel)

 ~~~先週以前は【過去data エクセル部屋】へ~~~
「先週以前のデータ」=データ傾向は変わらないので、参考になりますよ♪


 {コチラは予想時点でのデータ}
  実戦形式で閲覧してみると、本番で扱いやすくなりますよ。
【3月3日 データ予想証拠→→3/3(日) 全レース予想 ダウンロード
【3月2日 データ予想証拠→→3/2(土) 全レース予想 ダウンロード


直近3334レース中 【2012/3/24~2013/3/3】

全体結果 鉄板●969頭中637頭 馬券対象65.7%

軸馬選定馬 2659鞍OK 馬券対象79.8%

3頭決着 1926鞍「57.8%」

3頭決着 かつ 軸馬選定馬OK 1674鞍「50.2%」

 ※1番人気の3着内率は【65.0%】 鉄板●馬は人気に左右されずに【65.7%】です。
 ※「軸馬選定馬」を、馬券に組み込まないと79.8%ハズレですからね!!

競馬に100%などありません

 それでも競馬をするからには、この安定感は重要です。

的中率97% データ抽出馬の根拠
過去データ簡単結果
【過去data エクセル部屋】


皆様からの感謝の声
軸馬選定データ
トップへ戻る


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional