2017年度99重賞中64鞍的中!! '16年重賞117の87 '15年重賞126の81 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

有馬記念2014年は超難解■過去28年データ

有馬記念2014年は超難解■過去28年データ

※有馬記念 2014年の結果※

有馬記念結果 2014年
堅そうな決着に思えるが、3~5着馬の「人気・馬番」を確認し、下記を参考に♪  追記:2015年12月21日

2014年の有馬記念は超難解。。
悩んでいる理由を箇条書きしてみた。

■3頭出しが、池江&角居の2厩舎(池江サトノノブレス、トゥザワールド、オーシャンブルー)(角居エピファネイア、ラキシス、デニムアンドルビー)
■須貝が人気馬2頭出走=ゴールドシップ、ジャスタウェイ
■引退宣言馬=ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、トーセンラー、ヴィルシーナ
■減点=前走から騎手乗り替わりが、9頭
■明らかにコネを中心とした騎乗バランス
■ファン投票上位馬は出走だけで500~2000万円貰える=今年からの奨励金のおかげで、今年から傾向変化する可能性アリ
■3歳世代が低レベル。。
■元々、上位人気3頭決着は、一生に1度のレベル
■外枠超不利=そこに人気馬3頭
■牝馬は人気馬しか絡まない=人気薄はトゥザヴィクトリー6人3着のみ
■公開抽選で、まさに内側枠から埋まる。
■今季JRAGⅠ2勝馬がおらず、年度代表馬がこの有馬記念によって変化する
■昨年オルフェーヴルが1着

【1】今秋G1の1番人気【1-2-1-6/全10頭】
やっとこさ2歳戦の朝日杯FSで勝利の1番人気も
 有馬記念過去10年1番人気【6-3-0-1】

枠順公開抽選会で
【2】上位人気予定馬3頭が全て13番枠より外枠に入ったが
13番枠より外から2頭以上きたのは

第59回目の有馬記念も、13番より外が2頭以上来たのは
’08年ダイワスカーレット(13番)&アドマイヤモナーク(14番)の1度だけ。。
※16番枠=過去28年で、1度も3着内が無い
※15番枠=3着内すら、イナリワン(4人1着)’89年まで遡及
※大外=上記アドマイヤモナーク(14頭立2着)と、シンボリクリスエス(12頭立)のみ
 =そのぐらい外枠は不利
※フルゲートが過去開催の半数ほどしかない有馬記念だが、外枠不利は圧倒的。。
※これを念頭に置いた瞬間、1~3番人気から2頭くる馬券を作成する気は極めて低くなる。

さらに(別に外枠じゃなかったとしても)
有馬記念は三連複販売後123人気決着など1度も無い♪
123番人気決着は、2-1-3人気で’88年にあるが、3位入線の武豊が失格でのもの。
純粋には(1-3-2人気決着で)’84年まで遡及する。

上位人気馬3頭中2頭がコネの馬。。
■15番ジャスタウェイ=恐怖の15番。ヤネが今年19年目の昨年秋にようやく古馬中距離G1を初制覇したコネ男という点も、かなり困るが、そもそもジャスタウェイの距離適性が1600~2000であることは、関係者が認めているからこそのドバイDFの1800mという距離を目指したわけで、これで引退となる。先頭で回ってこいというのは厳しい気がするが。。

■14番ゴールドシップ=前走凱旋門賞14着はヨコテンの最後方騎乗が敗因(とはいえハープは後方2頭目から6着とも言える) 20頭立てを、(金船で)あそこまで後方から行って結果を出せというのは可哀想だが、結局それにより休み明けで有馬記念。1週前の追い切りまではジャスタウェイにひたすら遅れていた始末。引退発表はしていないが、ここで通用しなければ、引退案が浮上してくる可能性が高い。

■13番エピファネイア=元コネちゃんの馬に、川田がここに初騎乗。。公開抽選時も「我慢させる」を3度もいうほど折り合いに難のある馬。というか(ハープスターが未出走なのに)自分のお手馬が3頭もいる川田。なのにエピファネイアという騎乗バランスは川田を推したくなっても良いが、その馬はコネの馬で、折り合い不安。。。それで評価UPするなら、ジャスタウェイの評価を上げるべきとすらなってしまう。。角居がひたすら秋G1を多数の馬で結果を出しているが、ここすらも結果を出して良いのだろうか。。

上記3頭成立は厳しいが3着内に1頭来る率は非常に高い。
■外の人気馬から2頭で作っても低配当で、馬券対象率が低いからこそ、馬券作成が重要となる有馬記念だと思うが。。

話が長くなりすぎるので
■最後にオルフェーヴルが前年度勝利について説明しておくなら

通常
三連馬券なら
 『きゅー  番人気以下を必ず買え』というレース

 ディープ年やナリブー年は例外になる=堅い決着

として昨年まで記載してきたのだが
昨年オルフェーヴル1着で、まさにガチ決着の例外年
な・の・だ・が

歴史的名馬でガチ決着の翌年は

■ナリタブライアン1着翌年
マヤノトップガン-タイキプリザード
 (6→5→4人気)
■テイエムオペラオー1着翌年
マンハッタンカフェ-アメリカンボス
 (3→13→6人気)
■ディープインパクト1着翌年
マツリダゴッホ-ダイワスカーレット
 (9→5→6人気)

そしてオルフェ引退で、手薄になったのが今年です。
上位人気馬が全て飛んでも良いのでは
とすら思わせる決着ばかり。。

今年の有馬は難解すぎる。。
という前に、そもそも好きな馬を購入するのが
有馬記念です♪
【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ


【有馬記念データ】 2013年度記載文も、毎年利用可能

【サイン馬券w】有馬記念プレゼンターが石橋貴明というのを聞いて、ん!?相方の方が競馬好きだったような・・ん!?タカさんの相方は・・☆彡 失礼しましたm(__)m笑

a:1630 t:2 y:0

コメント


認証コード4646

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional