2019年度44重賞中26鞍的中!! '18年重賞131の82 '17年重賞128の82 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

2019高松宮記念◆独自回顧

2019高松宮記念◆独自回顧

<<あくまで来年宮杯の傾向を覚えておくための個人の感想です>>

鬼畜の所業。。

◆どれだけ内枠が有利なのか。。
◆ほぼフルゲート=18頭=「1桁馬番=①~⑨番枠=内側枠」
2019年 宮杯 回顧1
 ◆掲示板は1番人気4着ダノンスマッシュ以外は、内側枠のみ。単勝90倍以上が4頭。
 ◆内枠で論外着順は、これで引退スノードラゴン(外に出した菜七子)、とナックビーナス の2頭のみ。
 ◆1枠死に目だと思っていた宮杯、その片方②番ラインスピリットすら10着に驚く。
 ◆外枠から出して前にいくと、モズ武豊のように残れない馬場だった。

◆ヤヤオモなどがあって分かりづらいが 2016年と同じくらいの超高速馬場
2019年 宮杯 回顧2
◆高速馬場の見極めは、岡崎特別か未勝利戦で認識し、高速なら脳みそをガッツリ入れ替えるべきか。 【前日判別可能か 当日判別かは 番組次第も少なくとも1鞍はあるはず。その前までに中京1200mがないなら棄権すべきかも。。】
 ◆2018年ファインニードルより、2019年1000万ハンデの方が 0.3秒も 早い。。
 ◆2018年ファインニードルと、2019年 未勝利戦が 0.1秒 しか違わない。。
  そこまでするか!? 歴史を愚弄する馬場。。
 「G1馬 ≒ 未勝利馬」 引退間近の未勝利馬とG1馬が同タイム!?

◆ファンは時計が全てではないことは百も承知だが、それによってレーティングやグレードを設定している分際で、この所業。。◆この馬場にすると、何でも来れてしまうようで。。 逃げ馬不利も先行馬有利、それをBコース仕様にすることで、内枠で先行すると、何でも残れてしまうモードに。

【岡崎特別】
2019年 宮杯 回顧3
◆翌年、ビッグアーサーよりも早いタイムで岡崎特別を勝利した「シゲルチャグチャグ」のその後の戦績。。
 1度も馬券に絡まない。。
2019年 宮杯 回顧4
◆駄馬が前年度(後のG1馬 ビッグアーサー)よりも、早いタイムで勝利している。
 2018年 宮杯、ファインニードル ・・・1分8秒5
 2015年 宮杯、エアロヴェロシティ・・・1分8秒5

1人気 ダノンスマッシュ
2人気 モズスーパーフレア どちらもスプリント戦を連勝。
勝ったのは3番人気ミスターメロディ。コネ。
2019年 宮杯 回顧5
偶然かもしれないが、好位追走が得意のコネが「2016年・2019年」超高速馬場で勝利している。

2015年に外国馬エアロが勝った。だから高速馬場(A→Bコース 当該週変化)にした。だから内枠有利になったのかは定かではない。。ただしJCも超高速にして、円が流出しないようにしたわけで。。
 2019年 宮杯 回顧6

【セイウンコウセイ】
  17年・1分08秒7 1着⑥番
  18年・1分08秒8 6着①番
  19年・1分07秒4 2着④番 2年後に1.3秒短縮できるのか!? 巧者云々よりも。。
  一昨年覇者でも12番人気だったのは近走がヒドかったから。

【ミスターメロディ】
 ファルコンS 18年 1400m 1分22秒1
 高松宮記念 19年 1200m 1分07秒3 200m違うことで14.8秒も短縮できるのか!?
  1400mを1分18秒台で走れてよさそうな決着タイムですねw

レッツゴードンキ の 4年 ※全て岩田で55kg
2019年 宮杯 回顧7
2019年は7歳。過去7歳で絡んだのは香港セン馬のみ。
 6歳時よりも、(7歳時に)時計を0.9秒もババアが時計短縮したとでも言いたいのだろうか。。

ティ-ハーフ の 3年※池添→国分優作2回 [6,7,9歳] 全57kg
2019年 宮杯 回顧8
追い込み一辺倒とはいえ、9歳時が着差が1番小さい。前走シルクロードS3着からと2019年度が1番好調、ストーミングホーム産駒の晩成・・・だったとしても
 「7歳時 1分9秒3」小雨ヤヤオモ開催なので把握しづらいが
 「6歳→9歳」で、高速馬場のみでの計算ならば「タイム0.3秒遅」と通常値。

◆2019年 岡崎特別 (日曜 中京10R 13頭)
 <<決着馬番 ⑥→②→⑤→③→④→⑦→⑨番>>
 1着から7着馬が全て内枠。。1,2,6,9,8,5,7人気と堅めの決着だからといえるが、2桁馬番の3,4番人気はしっかり飛んでおり(飛んだのはここも 外枠の 武豊・北村友)、
 内枠に人気馬が揃ったから紛れなかった ともいえる。
 
=======
◆2016~2019年 Bコース仕様 1200m 10鞍 174頭。
 <13頭1鞍・17頭1鞍・18頭8鞍>
 2桁馬番1-2-0-7-1-73/全84頭】=入着3頭 =2桁馬番 3着内の両立 ナシ。。
=======

ここまで馬場差を崩壊させて、前哨戦を皆無にさせるようなG1開催をしてまで日本馬の不当な保護をしたいようで。そこまで念頭にいれて内枠有利かを見極めてから馬券構築したい。
 内枠有利の瞬間、人気に関係なく内枠で2頭以上で構築すべきは
 直近4年の内枠3頭決着が全てを物語っている。。

====
セイウンコウセイ 12人気 2着 単勝108.0倍
ショウナンアンセム 17人気 3着 単勝358.9倍
◆セイウンコは一昨年覇者 ◆ショウナンは34戦して6着以下が7回(ただしこの7回は全て2桁着順)の成績安定馬とも言えるのだが、対戦比較から万馬券になっても致し方がない馬達。

単勝万馬券が2頭絡みは0.1%未満の確率。
G1でいうとサンドピアリス以降4度目。2000年以降3度目の不祥事。
この原因は、全て馬場といっても過言ではない。
====
ドンキなど内枠で窮屈になり捌くのに苦労しての6着。3着ショウナンアンセム・5着ティーハーフも若干だが追い出しを待たされた。内もゴチャつく。それでも内枠有利なのだろう。

コメント


認証コード1492

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional