2022年度56重賞中32鞍的中!! '21年[129の77] '20年[129の85] 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

ボロカス神戸オールカマー回顧w

ボロカス神戸オールカマー回顧w

【元凶は東京馬場造園課か、それともヨコテン!?】
どこへ怒りをぶつければ良いのだろうか。。
36年ぶりの不良馬場での神戸新聞杯。だからダービー馬シャフリヤールが負ける・・だけならまだしも着外4着。10頭立てで。。 ダービー馬の否定というものはその世代の否定に繋がるであろうことなので、あまりしたくないが、2勝馬モンテディオ3着の後塵を拝した形。
 まぁモンテディオも、翌々は重賞勝ち馬になれる器だろうが、まだまだクソガキ。クソガキがクソコネに楽に先着。
 コネに怒りをぶつけても良いが、勝ったのはステラヴェローチェ吉田隼人。
ステラの強さは同様の不良馬場サウジRCでの勝利というより、その時のヨコテンの逆説的賞賛に共感できる強さ。サウジRC 1着レース後ヨコテン】「返し馬の感じや、馬っぷりが良くて、自信をもって乗ることができました。スタートはあまり良くありませんでしたが、急かす事無く進めました。新馬戦では物見をしていましたし、馬場も考えて直線では真ん中に出していきましたが、真っすぐに走ってくれました。跳びが大きいので、こういう馬場が得意とは言えませんが、能力が違いました
 →ようは「不良馬場は苦手。まだクソガキ」というコメントw
  でも上がり最速で0.5秒差勝利。
 サウジRCのレースを何度も確認した記憶がある。「左脚が強い系。まだ幼いが追えば伸びる♪」というメモが残っている。
でもって、サウジRCが[1分39秒6]で次走、朝日杯FSは[1分32秒4]と『7.2秒』も短縮するレースでも2着。まさに能力の違い・・なのだが2着。。([軸1]1人気が3着なので、これで十分ともいえるが、勝ったのは京成杯AH3着グレナディアガーズ砂男)
 →ここらへんで、既にナイスネイチャモードなのでワカは気に入っていたが、共同通信杯1人気5着でヨコテンの手を離れる・・で今年の年男、ソダシを持つ吉田隼人に手が移る。 だが追い込み脚質と勘違いしている隼人とコンクリート馬場の東京競馬場などの理由もあり、皐月賞&ダービーは(6,9人気で)共に3着。
【クイズ◆共同通信杯1着の「ヤネ」はダレ??w だからわざと・・・ (ヒントF3の次)】
 で、
神戸新聞杯、こちらとして悩んだのが、隼人の継続騎乗(ヨコテンに戻らず)
◆ヨコテンはセガレ2名とオールカマー「ヨコテン軍団モード」
 オールカマー結果は上から順に「2,5,3,1,7,10,4人気」と7着迄に7番人気内の6頭が絡んでいる。それと先行馬勢揃い。唯一6番人気がヨコテンのキングオブコージ9着。(余談も10人気は、堀厩舎の2頭出しサトノソルタス大野。大野も最近好調ですね)
 ステラは隼人に差し上げたつくりで
◆その代わりセガレ軍団に良い馬を回す契約でもしているのだろうか・・という結果なのは
 勝ち馬ウインマリリンの武史が手綱を引っ張って、直線でブレーキをかけてもの楽勝♪
 (VTR確認はゼヒ。と言いたくなれるほど、アホみたいな進路変更・・でも楽勝1着♪)
 この強さがあるなら、ウインマリリンの過去着順について武史の騎乗レベルを疑いたくなれたほど。
そもそも横山軍団がマイネルウイン軍団に・・
 でもって、相変わらずセガレが結果を残すときは、親父は何もしないww

さてオークスを惨敗したソダシが札幌記念を圧勝。
ダービー制覇したシャフリヤールが10頭立ての神戸新聞杯4着。。

この5月の東京馬場は、コンクリートだったのだろうか。。
 <ダービー:シャフリヤール2分22秒5■ダービーレコード>
ダービー最速勝利馬が、G2不良馬場だからと10頭立てで着外で良いのだろうか。。
 馬場を言い訳にするならゼヒ菊に出てきて欲しいがw
ステラは、その馬場で、シャフリの後ろから行っての勝利。やはり素直に・・♪

シャフリについて、個人的にはエアシャカールのイメージだった。
 エアシャカール=皐月賞&菊花賞馬のキレるイメージ。
だが今年の菊は阪神なわけで、どうせ菊は使わないだろう。シャフリはディープ産駒だが母父エーピーインディで母系が短距離馬(兄にアルアインがいるが、こちらも皐月賞馬。なぜにシャフリは皐月賞を使わなかったのだろうか。。)

いずれにしてもダービー馬で神戸新聞杯を負けるなど、競馬の根幹を揺るがすものw
極論、コレ系のダービー馬は、このまま引退などよくある話だが、まだまだ盛り上げて欲しい。連闘でスプリンターズS出走など興味深かったのにw

混戦オールカマーは、心房細動明けステイフーリッシュが大外から5着。
それ以下の着順は論外といえる。その手前4着で満足している4角先頭だったレイパパレのヤネ砂男。。ブレーキを掛けた武史が悪いのか、それすら気付かずインで沈もうとした砂男が悪いのか!? あの4角でなぜにデムのグローリーと叩き合わないのだろうか。
◆日曜、川田の戦績・・4鞍中3鞍レイパパレを含む3頭が1番人気で「2・2・2・4着」相変わらず勝てない、だが2,3着には持ってくる男・・なので仕方なく信頼したら4着w 重賞でこの男と心中するのは疲れすぎるw;
 素直にウイン軍団で良かったともいえるが、デムは砂男が人気だと騎乗が上手いかもしれない。

こういうムダな忖度などまでを予想をさせるコロナ競馬は早く終わって、しっかり外人騎手が冷徹に結果を残す時代に戻って欲しい。
 上記のダービー、それでも前で残ったアイツは強いわけで♪
 その時に、武史がどれくらいの成績を残すのかを見てみたい。
 それを念頭に置いているから、まだオヤジは身を引かないのだろう。。
 1つ下の蛯名正義は、もう調教師。温かい良いオヤジなのは分かるが勝負には邪..w
「枠連1-1」大嫌いな男よりm(__)m

【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
競馬/重賞/データ/的中/三連単/三連複/分析/予想/予報/馬/競馬場/距離/レース条件(グレード)/出走頭数/先行馬割合/馬番/斤量/斤量好走率/牡/牝/セン馬/馬齢/騎手複勝率/調教師複勝率/生産者/馬主/馬父/馬母父/出走回数/複勝率/出走回数(同競馬場)/複勝回数(同競馬場)/出走回数(同距離)/複勝回数(同距離)/重賞出走回数/重賞複勝回数/脚質/前走レース条件前走間隔/前走レースレベル/前走レースタイム/前走上がりタイム/前2走~前10走レースレベル/前2走~前10走レースタイム/前2走~前10走上がりタイム/直近1年ベストタイム/直近1年ベスト上がりタイム/レース波乱率/騎乗バランス率/三連単/三連複/単勝/複勝/ワイド/レース/小倉大賞典/共同通信杯/ダイヤモンドS/フェブラリーS/東京新聞杯/クイーンC/京都記念/予想/記載/データ/抽出/情報/サイト

競馬に100%などありません



 それでも競馬をするからには、この安定感は重要です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント


認証コード5010

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional