2021年度52重賞中37鞍的中!! '20年[129の85] '19年[129の85] 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

複勝率50%男のデータ話

複勝率50%男のデータ話

川田将雅が、ついに複勝率50%に(3月3週時点)
【124の62】 [33-10-19-62/計124鞍]

2×1.1×2.2×2×2.5×1.8
21.78倍

1万円が21万7800円

3/16日曜 川田6鞍 複勝コロガシをした場合の配当
 所詮タラレバ にも思えるが
 今後は『川田コロガシ』という言葉すら生まれそうな勢い。
なのに、フィリーズレビュー未騎乗も奥が深い!!(後術)

記録的なことを単純賞賛しても良いが・・・
 敢えて言えば、騎手だけが行うスポーツではないので
■過去の一流と呼ばれてきた武豊を筆頭とする騎手ども
■もしくは川田に良い馬が集まりすぎていること

どちらかを2択で非難する意識を持つことも重要なのか??

「2013-11-26」にブログで
複勝率40%以上を理解して記載している人間としては
いまさら、馬が集まりすぎ。。でもあるのだが

結論は、選び過ぎw
騎乗鞍数が現時点
【岩田・北村宏が、ほぼ200に対し、川田は124】

 一流騎手の半分ぐらいの「少数精鋭」で仕事をしていることは理解しておくべき!!

これが依頼急増などで変化すると、数値が下がる可能性アリ
エージェントはブックの井上=元アンカツ担当
アンカツも最後の方は、上手に乗鞍は少なかったので、井上が断り上手なのかもしれない。


超個人的な見解でいうなら
この男は叩き合いに強いことは
【騎手 写真判定 勝率】で検索すると、おそらく皆さんのPCでも
検索結果に川田が表示されてくること。それが1番理解しやすいかも

ちなみに、2014年度 川田のMAXは
(クラレント1鞍騎乗で1の1 だった2・17代替を除くと)
1月26日 【11の10 うち5勝、複勝率91%
 馬券対象外は最終のみ(この男、最終はヤル気度が低)

今回は【6の6】で100% うち3勝 という数値
だが、フィリーズレビューには騎乗せず
日曜は【6の6】3勝
土曜は【8の3】1勝


土日で【14の9】=複勝率64%の意義

■1番人気と、ほぼ同数値か、それ以上の数値結果
■土曜は中京騎乗。なので【8の3】は、通常値よりも評価しても良い
■また
 この土日【14の9】は、全て5番人気以内の馬なのだが
 既に川田人気で過剰評価の状況も加味したとしても、凄い数字。
■更には、最低着順が7着 ・・・ 賞金(出走奨励金)が貰える
 馬券対象外5回・・・ 5・6・7着が1回ずつ、4着2回
ようするに、この男。騎乗した14回について、全て賞金を貰える着順に入ってきたことになる。

賞賛するしかない。。

これも、騎手としての立場・役職が、明らかに1つUPしていることを伺わせる。
だから、戸崎を殴れる側の立場なのだろう。

 少し前まで、この男、キャリア11年目でG1は3勝のみ。

代打のジェンティル。 それ以外の
キャプテントゥーレとビッグウィークは、共に7番人気・・・
というポジション

重賞勝利のほとんどがG3という男だった。
だからこそハープスターでも阪神JFで、イン差し2着という失態を犯す男でもあるのだが・・・

マツパクに怒られる糞騎乗だったが
◆この男は、3着以内を目指して競馬をしているのがよく伝わる騎乗をするので
ファン&関係者にとっては良い男。


◆馬を大事に扱う逸話なら

初の特別勝利をくれたゲヴァルトが、2005年レース前に暴れて頚椎骨折からの安楽死で
真っ先に、向かった川田が泣き崩れる という話があるが

この時に、騎乗していたのは松永幹夫。
川田のレース騎乗は4ヶ月前。
安田隆行 厩舎所属の馬と騎手だったにせよ、

記憶力の良さや、1頭に対する思いは
他のアホ騎手とは比較すると、数倍になるのだろう。



◆だが、JRAからは嫌われている男。目を付けられている男
戸崎を殴ってみたり
余裕の無いイン差しを行うので
1着でも油断騎乗として、騎乗停止などになるw

※勝っている現実主義の分際で、追わないことに制裁を加えていたら、岡部や武豊など、逮捕されるレベルなのに・・・。とすらいえるが、JRAというお役所は川田をまだ若造と見なして、厳しい措置を行っているとも言える。

◆フィリーズレビューの騎乗しなかったことの話
単純に言えば、ハープスターがいるから。 なのだが、有力馬を所有していても、重賞だから何にでも騎乗する、後輩シカトなんでも騎乗する糞騎手など、数多いる世界!!

今週末(3月4週)の話でいえば
 そんな川田が(阪神大賞典ではなく)
スプリングS◆アーリントンCをウチパクで5着のモーリス騎乗なだけで、興味が湧くとも言える。
 重賞4鞍で、騎乗予定は(現時点)これだけ。
 ちなみに500万は川田で勝利の馬☆彡


 おそらく人気以上の評価となるだろうwww 取捨はどうする!?

だが、3月3週は複勝率64%
 2014年度複勝率50% 芝では57.9%

と言われてしまえば、おそらく99%の人間が、印は回してしまう馬になるだろう

少し前までは、穴男として扱われてきた川田で、味方にすると心強かったが
今後は、川田を切ってナンボという時代になるのだろう。

しかし
(結果はどうあれ)常に真面目に騎乗しているからこその
 50%という数値。
これに僅差である、掲示板率=5着以内や、入賞=8着以内
 という数値を%にすると
恐ろしい数字になっていまうことは、想像がつくだろう。

 馬券としては、闇雲に切り捨てるより、常時ヒモにして・・・
 という結論に、「配当が安いのでは・・・」と否定的になりそうな方は

自分で川田が馬券対象になったレースの配当を調べてみればイイ。

 中日新聞杯 川田のラキシスが2着でも
 三連複176倍 三連単1414倍というオッズになるので

最後に
「いいね」 押してくれょ!










川田は買い

 というか仕方なくても押さえましょう。という恐ろしい状況。

「少数精鋭」のスタイルが
依頼が急増などで、変化してきたら
 数値が下がってくるだろうが
それが 変わるまでor騎乗停止になるまでは
この調子が継続すると思われる。
【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
競馬/重賞/データ/分析/予想/予報/馬/競馬場/距離/レース条件(グレード)/出走頭数/先行馬割合/馬番/斤量/斤量好走率/牡/牝/セン馬/馬齢/騎手複勝率/調教師複勝率/生産者/馬主/馬父/馬母父/出走回数/複勝率/出走回数(同競馬場)/複勝回数(同競馬場)/出走回数(同距離)/複勝回数(同距離)/重賞出走回数/重賞複勝回数/脚質/前走レース条件前走間隔/前走レースレベル/前走レースタイム/前走上がりタイム/前2走~前10走レースレベル/前2走~前10走レースタイム/前2走~前10走上がりタイム/直近1年ベストタイム/直近1年ベスト上がりタイム/レース波乱率/騎乗バランス率/三連単/三連複/単勝/複勝/ワイド/レース/小倉大賞典/共同通信杯/ダイヤモンドS/フェブラリーS/東京新聞杯/クイーンC/京都記念/予想/記載/データ/抽出/情報/サイト PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  • 超余談のタラレバ

    2013年度 フィリーズレビュー メイショウマンボ 川田で1着だが
    武幸四郎が騎乗停止だったから。
    もし、川田が継続騎乗していたなら桜花賞も・・・そしてエリ女でラキシスとの取捨が必要になるので
    2014年 中日新聞杯 ラキシスのハナ差2着は、違う結果になっていたかもしれない。



認証コード9058

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional