2021年度61重賞中41鞍的中!! '20年[129の85] '19年[129の85] 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

重要■中京記念回顧■昨今TOPハンデが軽すぎる

重要■中京記念回顧■昨今TOPハンデが軽すぎる

怒りさえ湧くTOPハンデの軽さ
『TOPハンデの馬券対象率は低い』という言い回しは、既に時代遅れ
古馬重賞TOPハンデ馬は買い!!

この言い回しの新聞記事は、どこかに無いのだろうか。。(あるならマジ教えて!!)

全58kg
七夕賞 マイネルラクリマ 着 1人気
函館記念 ダークシャドウ 着 8人気
中京記念 サダムパテック 着 7人気

重要■7/6,CBC賞TOPハンデ57kgスギノエンデバーも9人

ワカが個人的に
TOPハンデに疑問が湧いた最初は


「マイネルラクリマが、宝塚記念を回避した瞬間」
ウインバリアシオン(結果2人7着も屈腱炎)がいたから回避ともいえるが
「七夕賞連覇など不可能なのに、頭オカしくなったのか??」
勝手に、ラクリマが故障の可能性まで、念頭に入れていた。
だが、本当に七夕賞に出走してきたとき、驚いたのは58kg

この58kgでの取捨には困ったが
結果は3着。 まあ無難・妥当な着順といえるので、そこまで気にならなかったが
ここで、1つ重要なのは
 川田が結果にブチキレていたこと。
重賞未勝利馬ラブリーデイ57kg 6着=川田騎乗

下記を見れば、川田の意見も納得いくはず。
トウケイヘイローの斤量変遷】

トウケイヘイロー斤量

重賞未勝利=ダビ卿 55kg
重賞を1勝時点56kg、2勝してやっと57.5kg

上記を把握して
 重賞未勝利ラブリーデイ 57kgなのに
 重賞勝 マイネルラクリマ 58kgということ。

この時点では、まだワカも、テメーで外枠からの戦略ぐらい練ってから・・・と、川田の見解には否定的だったが
◆川田のグレは翌週、函館記念で理解できる
目黒記念0.2秒差5着 ラブリーデイ 57kg・・・・七夕賞6着
目黒記念2着馬 ラブイズが56kg・・・・函館記念1着
目黒記念7着馬 ステラウインドは54kg
・・・函館記念3着
※ラブリーデイが函館記念出走なら、55kgが妥当なはず
賞金が「七夕賞=函館記念」なので
同斤量55kgであるべき。

なのに57kgだった。

 そこに・・・
函館記念 ダークシャドウ58kg には、ぶったまげた。。
 え? なんで??
[休み明け]の[前走]より1kg減。。
別定59kgエプソム3着の次走叩き2戦目ハンデ戦で・・・・58kg で2着って犯罪でしょw
秋天2着馬、毎日王冠馬が、斤量1kg減なのに
形式的にTOPハンデと言われ、そこらじゅうの新聞データ班が、即NG判断を下す。。
だが実質、軽すぎて2着。。


やはり、2013年TOPハンデ トウケイヘイローが1着(57.5kg)
ここらへんから、何かがおかしくなっている。。


【TOPハンデ馬・ハンデ戦の近況説明】
重たいのを背負わせなくなったので、相対的にTOPハンデ馬は、軽く楽になった??
(逆もまた真なり、昨今4つのハンデ重賞49kg以下は、イケドラゴン1頭のみ。斤量差から45kgでもOKなはず)

テンポイントが(海外壮行レース)日経新春杯66.5kgで死んだこと以来
ハンデの重さに懸念を抱く見解が増え続けた結果
JRAがアホになった!? 斤量を重くするのは問題ないはず。
それでも出走させる、馬主&調教師が悪いだけ。

ワカのハンデ戦の印象馬といえばカリブソング
メジロマックイーン時代の秋天2着馬
 59.5kgぐらいを背負っても、来るときは来る
なぜなら、馬体重500kg以上の父マルゼンスキー♪
 (といわれて、昨今のサラブレッドの馬体重をイメージできるならOK♪)

サダムパテックなど、マイルCS馬(当時騎乗は武豊)
 (ほぼ1年間、馬券対象になれなくても)
それがG3の糞ハンデに出走して58kgという裸同然なら
楽勝かは別にして、馬券対象は、想定内とすらいえる。。
※あえて「糞ハンデ」と書いたが、トヨタ賞、愛知県民を侮蔑するような斤量設定にしているのはJRA!!

結局、ハンデキャッパーに客観性がなさすぎて
上限設定をするから、実績馬が楽になり、下は苦しむ。まさに今の日本経済と似たような貧富の差が拡大している状況。
ハンデが軽くなるのが想定内だから、実績馬はハンデ戦をメイチで仕上げる。
ちなみに、パチプロなどならこういうTOPハンデ馬を「荒らし」と呼ぶだろう。

(悪いのはJRAなので)
そりゃ、ワカが馬主でも、同じことをするだろう。そこに文句を言っても始まらないが(58kgぐらいの)TOPハンデが、相対的に有利なのは昨年度あたりからの傾向。

形式的だろうが馬券的中して、ここまで気分の悪い重賞。過去、本当に記憶にない。

いい加減に、そればっかやってると、夏に強い馬が出てこなくなる。そして競馬が衰退していく。知らんぞ。アホJRAが!!怒

最後に、ここまで読んでくれたなら
3歳馬の斤量も軽すぎること。昨今の育成システムを理解しているなら
やはり、念頭にいれておくべきだろう。 (斤量が男女平等ではないのは仕方がないかw)

しかし、またも2重賞ともに三連複万馬券。いつまで続くのか。。重賞、人気馬で不調の岩田が、約2か月ぶりに、4番人気(だから)アッサリ勝ち切るのも印象的だった。
【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント


認証コード9383

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional