2022年度66重賞中39鞍的中!! '21年[129の77] '20年[129の85] 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

桜花賞回顧◆佐々木朗希の育成方法2着♪

桜花賞回顧◆佐々木朗希の育成方法2着♪

完全試合をした佐々木朗希の育成方法を聞いていたら、シルバーステート産駒のウォーターナビレラ馬の育成方法と一緒だと思った。
 とにかく怪我だけはしないで欲しい。という育成方法。
だからこそ、桜花賞「のみ」メイチ仕上げの-14kg。
でもって、次走予定は「様子を見てから決めたい」だそうで。
愛情&能力が、ひしひしと伝わってくる♪
(マイラーに見えるなど百も承知)もし、オークス出走で、まだ馬体が減るなら、ゼヒ購入してみたい。(NZT勝利も含め、NHKマイルのユタカ騎乗馬は買い)

 ※シルバーステート・・・父ディープインパクト。福永祐一「ダービーを狙える馬が出てきた」と絶賛。新馬戦を(後のヴィク馬アドマイヤリードに)差し切られ2着も、その後4戦4勝(通算5戦4勝 全てコネ騎乗)。この4勝は2015年と2017年に2勝ずつという故障の連続。。'16年に左前脚屈腱炎。'17年に右前脚屈腱炎で引退。。 それの初年度産駒がウォーターナビレラ。(ファンタジーS勝利なので、初年度から重賞馬輩出) 1行説明=ザココネで結果だせる名馬。

◆だからこそ、イカサマか、裏情報タレ流しか??・・とも思えるほどの、ひたすらの3番人気には非常に違和感があった。で当日、-14kgを、見せつけられた時は、(外枠心中しようとしていた側としては、今までどんだけ太かったんだよ。。呆れた&)超キモかったw
 ★案外マジな超独自見解としては、馬主=ウォーター山岡正人さん(の周辺の方)が、単勝入れすぎたのかとw だって2代目で初重賞制覇は、おそらく40年くらいの親子の念願。でもって初代は昨年9月に亡くなり、10,11月にサフラン賞→ファンタジーSを連勝。で、まだまだ余力残しなわけで。で、本番の桜でメイチ・・と、おそらく周囲の方に応援してね系の話は、実はよくある話。そこまで勝手に想定しても、ワカは大事にできなかった・・武豊&武幸四郎のコンビは重賞で走らないから。ただし、ナビレラは超、除く。 だったようで。。 ウォーター山岡に世話になった武親子兄弟なら、この馬で、ここでマジだったのかと。やはり冠婚葬祭関連は、競馬で重要。 まぁ関係者は悔いはないかと(周辺で悔しがってそうな人はいそうだがw) 武兄弟の仲まで取り持つ・・
 その念願を打ち砕いたのが、砂男川田&スターズオンアースは(大嫌いだが)賞賛&絶賛。ハープスターで最後方からの勝利も経験していた男。今回はキッチリすぎるほどウザすぎるほどインから。。真逆の騎乗を冷徹すぎるww 10着迄が0.3秒差の今回。そこにハープスターの4角位置取りをVTRで見直してみると、桜花賞とはコンマ差勝負なのがよく分かる。
 この桜花賞を見て、ハープの4角位置取りを見ると、能力云々の前に、位置取りだけで爆笑できたw
==========
さてさて、(ユタカ騎乗の)ナビレラちゃんを完璧に仕上げたのは、(9人気ベルクレスタ騎乗の)吉田隼人なのも見逃せない。
 ローカル主役に徹することを己に課した修行僧なら、前週ポタジェでG1制覇したなら、心を無に出来るのだろう。。泣
 逆に、砂男は美浦に行ってスターズオンアースを完璧に仕上げ、馬を把握してきた。  池添もラズベリームースを(前走津村から奪い)美浦で稽古をつけるも-20kg。。レース前は調教師も自信アリのコメントだったはずだがw (輸送、という円満な言い訳があるので構わないが、少し情けない)

◆4,5人気で11,8着の藤岡祐&戸崎圭太は、相変わらず言い訳だけは、超一流☆彡☆彡☆彡
 どちらも馬の能力不足を挙げていたが、12着が前走ダート未勝利勝ち馬で、スタート出負けを馬だけのせいにしていいのだろうか。こいつら、いつになったらG1で馬券にファンに貢献するのだろうか。。

◆ズル休みのプロ、ルメールもドバイで稼ぎ過ぎたか!? ドバイ4時間で5億3070万円稼いだら、大阪杯も休みたくなるだろし、桜花賞もどうでも良かったのだろう。。 更にはウマ娘のCMにも出演しているようで。。ヘタすると、しばらく働かないかも・・というのは皐月賞で見極めたい。w
 JRAもそろそろG1複数同日開催をやらないと、ダービー馬すらドバイに行って結果を出しているのに、ダービー2着馬の年度代表馬が、大阪杯で大敗など、日本競馬というか日本人は、こういう時に、愛情をもって大ブーイングできるようになって欲しいが。でないと、今後の大阪杯など、出走するくらいなら、ワカならドバイに行くが。だってパンサラッサ・バスラットレオン・ステイフーリッシュでも勝てるって、G3以下でしょ。。(この3頭が同時に鉄板と思ってた日本人はおそらく0名かとw)
◆JRAは、売上upを目指さなくてはならないのに「ドアホな内枠3頭」決着。。
 内枠有利という前評判そのままに⑧⑥①番決着。
 例えばだが、過去10年が内枠3頭決着のG1があったとして、通常G1より売上が下がるのは理解可能かと。だもんで良くも悪くもコレをやらないのがJRAだったが、裏技を見つけたようでww
 1,2人気を8枠に閉じ込めると売上は前年度よりupするようです。。
(武史やデムにケチをつけたいが)今回はさすがに、、だと思うのは4着⑯サークルオブライフデムと7着⑫ベルクレスタ吉田隼人を除いては1~9着迄の7頭が①~⑧番の馬。(唯一12着が逃げた前走ダートの1勝馬=ビリ人気②ヤニ吉) それを逃げさせている番手の時点で「ユタカの沈黙威圧」もガッツリ効いたドスローw だからこそ兄弟共に悔いナシコメ。
 で、1~10着迄が0.3秒差で、10着がまさにナミュール武史。だもんで、今回は仕方がない・・という声が多かった。だが騎手の腕で0.3秒差を0.1秒差くらいにまで縮められるのも事実。
 3連続の西のG1では、年度代表馬だろうが、断トツ1番人気だろうが、見せ場すら無かったザコ武史だが、東のG1に戻ると、さて。 皐月は負けても「休み明け」と幼稚園児でも言える言い訳が確定しているからこそ、気楽に乗れると思うが。また8枠大外だったら笑える。
 しかし、これで3連続G1をキャロットの1番人気馬で飛んだという事実が、1,2か月後の武史の騎乗馬にどのように影響するのかは経過観察すべきだろう。。(キャロットの一口馬主さん達は、怒りをドコへ向けるのか興味深い)

(ピンハイすら、チューリップ賞より0.4秒、縮めているのも重要。 または、10着ナミュールが、チューリップ賞と同タイムから、馬場イメージを)
ピンハイ高倉が5着も斜行で過怠金10万。
 吉田豊が落ちそうになるも6着。それの余波を受けた川田はそれでも馬群を破っての勝利。◆デムは勝ちにいっての4着。(チューリップ賞は、着を取りに行っての3着)だもんで今回は勝ちにいったからこその競馬だったが、それで3着内にいないのがデムらしいといえばそれまで。相変わらず牝馬は似合わない。だが国枝蛯名がアパパネだったわけで、国枝デムでも通用して良かったと思うが、浜中と高倉に挟まれた4着というのが少し情けない。。

◆大阪杯から桜花賞週の土日、重賞4つ。うち3つ絡んでいる騎手が2名。片方は土曜落馬して過怠金10万払うも、桜花賞制覇・・だけでなく忘れな草賞も勝っている。。東に調教をつけにいったことからしても、また騎乗バランスの根幹がズレたような。。

さてさて
馬キチクイズ
昨年重賞を[68の31]複勝回収率105円だった騎手が、今季は桜花賞も含め現時点、重賞[14の2]複勝回収率26円。。この2頭の片方は、土曜の阪神牝馬Sで1番人気2着アンドヴァラナウト。さて、もう片方は?? (ヒント:G1を2人気1着 答えは最下段♪
【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
G1、3週連続もそうだけど、最終1人気でブッ飛び。。G1で1番人気騎乗なのに、最終騎乗してる時点で。。勝利騎手インタビューに専念せぃ。まだ押し付けられてるのかなぁ。。

東の社台に砂。で結果を出す。。時代が20年くらい進んだのか、それとも戻ったのか。。
今週も、既に東に乗りに行った馬で皐月賞に挑む砂男。出走表明を先送りしてきたのは冠名ダノンといわれ、だいたい理由は想像がつくかと。 これに対し「使わない理由がない」と砂男。 えっ!?この人、上の人に、そこまでホザいたっけ?? またなの?w

【答え◆カフェファラオ】2月フェブラリーS 2人気1着馬カフェファラオ。今回の阪神牝馬S アカイトリノムスメ取消で実質11頭。12頭以下の重賞3鞍除くと「11の1」となってしまう。。(今季、平地を含めた通算なら25勝&複勝率41%なのが逆に驚ける) 明らかにまだ身体が痛いんでしょうね。。ポジティヴにホザくならフェブの前はJCコントレイル1着なので、復活ならG1が似合うのかも♪ 次走のカフェは誰が乗ろうが、問答無用で買いたい。 桜はスタートで終了の16着。皐月は案外の人気馬だが。
人馬ともに怪我だけはしないで欲しいですねm(__)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント


認証コード5716

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional