2017年度47重賞中31鞍的中!! '16年重賞117の87 '15年重賞126の81 嘘の無い競馬データサイト 先週も万馬券多数的中!! この証拠はExcelデータをダウンロードすれば分かる♪

有馬記念サトノG1 4勝への質問

有馬記念サトノG1 4勝への質問

Sさんから質問があったので
ある意味
サトノが今年G1国内外合わせて3勝は波乱としか…
ローズ家と違って

サトノクラウン
サトノアレス
サトノダイヤモンド
三頭でG1制覇(4勝)。。。
なにが起きたのか未だにわかりません笑
この質問、案外多いので個人的見解を♪
まずは、こんな理由はいかがですか
約30億円の申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが、2016年9月に判明
それ以降、G1 4連勝w (回収日と解放日を使いわける専門職ですし)というか周囲がコレを気遣ったのかも。 サブちゃん関係者はキタサンブラックを絶対購入や、野球関係者で大魔神の後輩はシュヴァルグラン(表面上は)絶対購入なのと同じかと。
または、脇役サトノが主役を張れるタイミングの年というのが正解かと。


ちなみに「サトノ」の参謀は池江泰郎。サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿師の親父です。だからサトノは、だいたい良血も長距離のメジロマックイーンっぽい馬になりますwww 切れ味でナンボのディープ世代の昨今、長距離系といわれても勝ちきれない臭いがしますよね。

サトノアレス◆結局、藤沢厩舎が阪神JF ソウルスターリング、朝日杯FS サトノアレス、ホープフルS レイデオロと、「2歳戦 準G1を含め3連勝」(ダービーを勝てない青葉賞から使う)東の御大、藤澤調教師の勝利に超、今更感がありますね。有力馬が何故、東に入厩!?など、と言いたいですがG1レベルはそれほど高くないわけし、藤沢もサトノの隠れ参謀ですので。 そこに「2歳重賞が増えすぎ」が原因かと。◆代打の四位でも勝てるレベルのG1と考えるべきでしょう。 ◆2歳重賞増加で、2歳500万下の出走頭数の激減など困ってしまう昨今ですが、2歳500万下の芝は堅くても、ダートは荒れる。というのが持論です♪ 2歳有力馬はワカ個人としては他に多数いますので♪

サトノクラウン元々、弥生賞馬・ダービー3着馬。弱い馬ではないわけで、ヤネがモレイラなら。断トツ人気だったハイランドリールも案外、取りこぼしの多い馬。◆そもそも海外G1は(地方競馬G1と同様に)、JRA G1と別物として考慮しているワカにとっては、特に気になりません。エイシンヒカリラニを思い出せば、異論は少数派かと。

サトノダイヤモンドキタサンブラックのサブちゃんがG1制覇を出来るようになったのも、サトノがG1制覇できるようになったのも、海外G1制覇への関係者意欲・馬券販売との影響が大きいでしょう。◆昔なら有馬記念、モーリス・マカヒキ・ディーマジェスティ・ラブリーデイ・エアスピネル・レインボーラインなどすら参加していたでしょう。さらに香港を走ったヌーヴォレコルト・エイシンヒカリなども。なんなら短距離スプリンターすら出走していたご時世もあったわけで、ここにサトノアラジン・ビッグアーサーが出走していても何ら不思議はなかったわけです。
これが全部海外に流れたから、昨年有馬1,3着馬が2,3着。菊花賞馬が1着。という感じでしょうか。
◆サトノのG1制覇、菊花賞はマカヒキ不在が99%確定していたわけで、ある種、当然の結果。(有馬で菊よりも仕上がったと池江が言っている時点で、菊を80%仕上げと考えても、有馬を120%仕上げと考えてもポジティヴに受け止められますね) ◆それでもG1勝てないルメール。サトノダイヤモンドと、メジャーエンブレムのみ(2歳戦を除く) 有馬記念制覇は、池江の3頭以上出しが(昨年以外必ず絡んできた)ことと、「サトノの2頭出し」、「ルメールの人気で3着内率 超高」を念頭におくと、堅いですがサトノダイヤモンド軸と、ワカはなりました。

サトノノブレス、シュミノーが何度も振り返りながら(サトノダイヤモンドの進路をふさがない様) 尚且つ、キタサンブラックを突っついたこと。池江・サトノ軍団の勝利としか言い様がありません。
なので
有馬記念で1番ナイスな競馬をした
馬は、キタサンブラック
騎手は、シュミノー(サトノノブレス)

という感じです♪
 (ヤマカツエースの池添の直線進路も凄かったですがw)
池江軍団のやり口、卑怯にも感じますが、あれは社台軍団やらで何度も見てきた光景。マイネル軍団すらやるわけで、むしろゴールドアクター吉田隼人がしっかりやるべきだったはず。


しかしルメールも前日、イスラボニータでミッキーアイルを徹底マークしたら
ミッキーアイルが先にタレすぎてシュウジに差されて2着w そのお陰で、好配当的中でしたが

だからこそ、G1を勝てないルメールの涙は
様々な思いが交錯したものだと思われますm(__)m


今年の年度代表馬は日本で一流馬と1度も対戦していないモーリスなのでしょうが、個人的には
年度代表馬 サトノダイヤモンド
年度代表者 北島三郎
を希望する
ワカよりm(__)m
【DKルーエホリカ 競馬有料優良サイト】
DKルーエホリカTOP
【DKルーエホリカ 無料メルマガ登録】
読者登録してね
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 人脈・関係者理論へ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
有馬記念、イイレースでしたねw しかし超一流が勢揃いのガチンコ勝負だと好配当だったのかも。なんにせよ、ほぼ1977年 8頭立て以来の1,2,3人気決着は、人生に1度にして欲しいものですw
競馬/重賞/データ/的中/三連単/三連複/分析/予想/予報/馬/競馬場/距離/レース条件(グレード)/出走頭数/先行馬割合/馬番/斤量/斤量好走率/牡/牝/セン馬/馬齢/騎手複勝率/調教師複勝率/生産者/馬主/馬父/馬母父/出走回数/複勝率/出走回数(同競馬場)/複勝回数(同競馬場)/出走回数(同距離)/複勝回数(同距離)/重賞出走回数/重賞複勝回数/脚質/前走レース条件前走間隔/前走レースレベル/前走レースタイム/前走上がりタイム/前2走~前10走レースレベル/前2走~前10走レースタイム/前2走~前10走上がりタイム/直近1年ベストタイム/直近1年ベスト上がりタイム/レース波乱率/騎乗バランス率/三連単/三連複/単勝/複勝/ワイド/レース/小倉大賞典/共同通信杯/ダイヤモンドS/フェブラリーS/東京新聞杯/クイーンC/京都記念/予想/記載/データ/抽出/情報/サイト

コメント

  • お疲れ様です

    ブログで解説ありがとうございます
    すごい情報量…笑

    ぐうの音もでないくらい納得しました!
    相変わらず、すごいの一言!
    有力馬が海外レースに流れる傾向が
    来年以降も続くと有馬=お固いレースに
    変わってくる可能性も無きにしもあらずというところでしょうか

    来年も参考にさせてもらいます!
    良いお年を&心身ともに健康な年を送れますように!


  • Re: お疲れ様です

    >>ショウスさんへ

    有馬記念が堅いというより、全重賞配当が堅くなっています。ローテーの分別化と海外進出が原因ですね。
    なので昔のマイルCSから連闘JC2着オグリキャップのようなローテーは極少になった昨今です。「馬の安全に配慮」といえば聞こえがいいですが、怪物と呼べる馬=素人にも強さが分かる馬に今後も出てきてほしいですね。

    お互い
    良いお年を&心身ともに健康な年を送れますようにm(__)m



認証コード3014

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional